新潟合同法律事務所(新潟県弁護士会所属)

電話番号:025-245-0123(受付日時:平日9:00~17:00)
受付日時:平日9:00~17:00

相談受付フォーム(予約専用)

相談受付フォーム(予約専用)

2018年5月14日

勲章と憲法(その一)

2つの勲章

先月4月29日(昭和の日)に合わせて、春の叙勲がありました。
私の実家には2つの勲章があります。ひとつは、徴兵され昭和12年10月29日に中国上海の郊外で戦死した、父方の祖父のものです。
故陸軍伍長 功七級・勲八等 金子〇〇〇
昭和十二年十月二九日中支上海新陸宅に於いて戦死 行年三十才
「功七級」の「功」は、明治憲法下で、武功のあった軍人に与えられた功績の等級で七級は一番下、「勲八等」の「勲」は国家が表彰する個人の功績の等級で八等は一番下、です。戦死した当時父はまだ5才で、自分の父の顔もあまり記憶にないまま、さらに幼い妹(私の伯母)とともに、その後は母親の細腕一つで育てられました。
もう一つの勲章は、父のものです。
日本国天皇は金子〇〇に旭日小綬章を授与する 皇居において璽をおさせる。
内閣総理大臣 鳩山由紀夫
「旭日小綬章」とは、日本国憲法下で、国家または公共に対し勲績ある者に授与される「旭日章」の上から4番目(下から3番目)に位置する勲章です。
ここから、自分の祖父と父を通して、勲章と憲法について少し考えてみたいと思います。(つづく)

 

弁護士 金子修

著者:

金子 修まず相談を。少しの費用で(無料の場合もあり)、トラブルの解決の道がわかるだけでも全然違います。相談を受けてまた考えれば良いのです。お気軽に、受話器を取ってください、メールを送ってください。

« 次の記事
トップへ戻る