新潟合同法律事務所(新潟県弁護士会所属)

電話番号:025-245-0123(受付日時:平日9:00~17:00)
受付日時:平日9:00~17:00

相談予約フォーム

相談予約フォーム

2017年8月3日

平成28年度の新潟県議会政務活動費の収支報告

 本年8月1日の新潟日報朝刊に記載されたとおり、新潟県議会の平成28年度の政務活動費の収支報告書が公開されたそうです。報道によると、使い切られずに県に返還する残余額は3387万円となり、旧政務調査費が条例で定められた平成13年度以降で最高額になったそうです(これまで最高だった昨年度より725万円増加したそうです。)。

 政務活動費の支出について、議員からは「慎重にも慎重を重ねている」という声が上がっていると説明されています。「政務活動費の支出として適切か」という問題意識が議員全体に広まったのではないかと思います。

 その一方、「政務活動費を残すことが良いことではない」、「議員活動の幅が狭くなり県政課題が浮かび上がってこなくなるのではないか」、という指摘もされています。一般論として賛成しますが、これらの指摘が説得力を持つのは、過去の政務活動費(政務調査費)の支出が「政務活動(政務調査)の実態(県政との関連性を有するものであること)を持つものにされたこと」が前提になると思います。

 過去の新潟県議会議員の政務調査費の支出をみると、支出の対象が政務調査の実態をもたない、違法またはその疑いがある支出も少なくありませんでした。議員も問題視されるような支出を抑えるよう努め、その結果が昨今の残余額の増加につながったのではないかと考えます。その意味では、「議員活動の幅自体が狭くなったのではなく、適法性に疑義を指摘される支出(それまでは政務調査費から支出していたもの)を抑えただけではないか」という分析も可能であると思います。

 私たちは、引き続き、地方議会議員の政務活動費の使用についてチェックをしたいと思います。

 

弁護士 加賀谷達郎

著者:

加賀谷 達郎新潟県よりさらに冬が厳しい秋田県で生まれ育ちました(北海道に住んだこともあります。)。縁あって、学生時代を過ごした新潟で、弁護士として活動することができ、嬉しく思います。「弁護士」と聞くと「なるべく関わりたくない」という方が大多数かと思いますが、ご依頼された場合、法律・裁判例を念頭に置きながら、「依頼者の方にとって一番良い解決は何か」を考え、業務に務めたいと思います。雪国育ちですが、スキーはできません。しかし、寒さ・辛さにも耐える我慢強さ、簡単にあきらめない粘り強さには自信があります。TVドラマで登場する弁護士の様な華麗さはないですが、依頼者の方と誠実に向き合い、粘り強く、少しでも良い解決を目指したいと思います。

« 次の記事
トップへ戻る