新潟合同法律事務所(新潟県弁護士会所属)

電話番号:025-245-0123(受付日時:平日9:00~17:00)
受付日時:平日9:00~17:00

相談受付フォーム(予約専用)

相談受付フォーム(予約専用)

2018年9月3日

政務活動費の情報公開度(新潟県は47都道府県中41位)

9月1日及び2日、全国市民オンブズマンの全国大会が新潟市で開催されました(オンブズマンの全国大会は今回で25回目。新潟県内での開催は初めてでした。)。

全国各地(北は北海道、南は九州)から約180名が大会に参加し、公共交通機関のあり方や入札制度の問題点をはじめ、様々な分野に関する報告・討論がされました。全国の取り組みを聞き、私自身も、大変参考になりました。

大会に先立ち、全国市民オンブズマンが行った政務活動費の情報公開度の調査結果が公表され、新潟県は47都道府県中41位でした(過去に、新潟県議会は、新潟市民オンブズマンが行った政務活動費の情報公開を進める旨の陳情を不採択にしました。)。

新潟県内でも政務活動費を巡る議員不祥事が発覚したにもかかわらず、政務活動費の情報公開が全く進まない現状に私も唖然としました。今回の調査結果を機に、新潟県も、領収証のインターネット公開など、政務活動費の情報公開を進めてほしいと思います。

弁護士 加賀谷達郎

著者:

加賀谷 達郎新潟県よりさらに冬が厳しい秋田県で生まれ育ちました(北海道に住んだこともあります。)。縁あって、学生時代を過ごした新潟で、弁護士として活動することができ、嬉しく思います。「弁護士」と聞くと「なるべく関わりたくない」という方が大多数かと思いますが、ご依頼された場合、法律・裁判例を念頭に置きながら、「依頼者の方にとって一番良い解決は何か」を考え、業務に務めたいと思います。雪国育ちですが、スキーはできません。しかし、寒さ・辛さにも耐える我慢強さ、簡単にあきらめない粘り強さには自信があります。TVドラマで登場する弁護士の様な華麗さはないですが、依頼者の方と誠実に向き合い、粘り強く、少しでも良い解決を目指したいと思います。

« 次の記事
トップへ戻る