新潟合同法律事務所(新潟県弁護士会所属)

電話番号:025-245-0123(受付日時:平日9:00~17:00)
受付日時:平日9:00~17:00

相談受付フォーム(予約専用)

相談受付フォーム(予約専用)

2018年9月14日

最低賃金が来月(10月)1日から時給803円になる見込み

最近、近くのコンビニやラーメン店の店先で求人募集を見かけます。いずれも(3店)「時給800円以上」となっていました。

現在の新潟県の最低賃金は現在時給778円です(ただ、電子部品の製造や自動車販売、デパート・スーパーの従業員は例外的にもっと高いです。)。しかし、来月(10月)1日からは時給803円になる見通しです。

最低賃金は、「どんな業種でも、従業員に支払うべき給料だ」と法律で強制される最低限度の賃金額です。それ未満の給料しか支払わない場合は、刑事罰が課せられる仕組みになっています。したがって、冒頭のコンビニやラーメン店の募集はちょっとアブナイということになります。

最低賃金の計算には、ボーナス(賞与)や残業手当・休日手当は含まれず、家族手当や皆勤手当などの手当も含まれません。ほぼ基本給のみと見てよいです。

この記事を読んだ皆さん、自分の給料明細書をながめて基本給額を労働時間で割ってみてください。最低賃金を上回っていますか?

最低賃金を定める目的は、「賃金の最低額を保障することにより、労働条件の改善を図り、もつて、労働者の生活の安定、労働力の質的向上及び事業の公正な競争の確保に資する」ためとのことです(最低賃金法第1条)。

自分の賃金が時給803円を上回ってホッとしているあなた、その給料額でご自分の生活が安定していますか? やはり最低賃金をもっと引き上げなければならないと思います。

弁護士  金  子   修

著者:

金子 修まず相談を。少しの費用で(無料の場合もあり)、トラブルの解決の道がわかるだけでも全然違います。相談を受けてまた考えれば良いのです。お気軽に、受話器を取ってください、メールを送ってください。

« 次の記事
前の記事 »
トップへ戻る