• ホーム
  • 事務所概要
  • 弁護士紹介
  • 取り扱い業務
  • 法律相談を受けられる方へ
  • 事件紹介
  • 法律相談Q&A
  • コラム

トピックス交通事故法律相談Q&A

ホーム > トピックス :: 交通事故 :: 法律相談Q&A > 交通事故の法律相談 その25(むち打ち損傷の話 その6 慰謝料)


交通事故の法律相談 その25(むち打ち損傷の話 その6 慰謝料)

  交通事故により傷害を負った場合,当然それなりの精神的苦痛を被ります。その精神的苦痛をどのように金銭に換算するかは難しい問題です。
  実際には,入院・通院をした期間,傷害が重いものだったか軽いものだったかによって金額が決められることになります。むち打ち損傷については,基本的には軽い部類に属するとして慰謝料額が算定されますので,他の傷害に比べると慰謝料額が低くなる傾向にあります。  
  さらに,むち打ち損傷では,実際に通院した期間に応じた慰謝料が支払われないことが結構あるという問題もあります。プロである医師が必要性を認めて通院をさせている以上,その判断は尊重されるべきです。しかし,むち打ち損傷に対する治療については,治療の効果があがらなかった,事故が大した事故ではなかったなどとして,通院期間が削られてしまうのです。保険会社は金儲けの観点もあり,本当に必要であった通院期間についての慰謝料も否定する傾向があります。保険会社から不当に通院期間を短く認定されてしまった場合には弁護士に相談した方がいいでしょう。
  交通事故でお悩みの方は,当新潟合同法律事務所(新潟県弁護士会所属,☎025-245-0123)の弁護士にご相談下さい。
弁護士  齋 藤 裕(新潟県弁護士会所属)

このページのトップへ戻る

キー坊さんの逮捕 犯人みたいな報道をしてもいいの?
3年目の浮気のキー坊さんが万引きをしたとして逮捕されました。監視カメラ画像がきっかけのようですが、本人は否認しているようです。 この事件をめぐっては、夜回り先生やヒロシさんなどが、キー坊が実際に...

≫続きを読む

≫過去の記事を読む