新潟合同法律事務所(新潟県弁護士会所属)

電話番号:025-245-0123(受付日時:平日9:00~17:00)
受付日時:平日9:00~17:00

2013年12月1日

石破幹事長発言に徹底抗議を! 秘密保護法

 自民党の石破幹事長が、11月29日のブログで、官邸前で秘密保護法に反対の活動をしている人々について、テロと実質的に同じ、との意見を述べています。

言うまでもなく、秘密保護法に反対するような抗議活動は憲法21条で保障される表現活動の典型的なものです。このような活動をもってテロと実質的に同じと評価するのは到底憲法を尊重しているとは言えないと思います。

また、秘密保護法案では、テロ防止対策にかかる情報が特定秘密に指定されることになります。石破発言は、秘密保護法上も、市民による合法的な抗議活動がテロ活動として位置づけられ、その監視活動についての情報が特定秘密に指定される、すなわち市民による合法的な抗議活動に対する政府の監視がやり放題になることにもつながる発言です。

到底このような発言を許すことはできません。ファックスその他で石破および自民党に抗議を集中しましょう。

また、危険性が一層明らかになった秘密保護法を阻止するため最後まで闘い抜きましょう。

弁護士 齋藤裕(新潟県弁護士会所属)

著者:

齋藤 裕弁護士に相談したり、依頼することが初めてという方が圧倒的に多いと思います。そのような方が法律事務所に相談に来る場合、「こんなことで相談をしても良いのか?」などと不安に思うこともあると思います。しかし、弁護士は転ばぬ先の杖です。どうしたら良いかわからないと思われたら御気軽に御相談ください。みなさまの最善の利益を実現するため、最大限のお手伝いをさせていただきます。お気軽に御相談ください。

« 次の記事
トップへ戻る