新潟合同法律事務所(新潟県弁護士会所属)

電話番号:025-245-0123(受付日時:平日9:00~17:00)
受付日時:平日9:00~17:00

相談受付フォーム(予約専用)

相談受付フォーム(予約専用)

2010年5月11日|著者:

敷金って,返してもらえるの? 

 アパートやマンションを借りるとき,一般的には「敷金」と「礼金」を払います。これらのお金は,賃貸借契約が終了した後,返してもらえないのでしょうか?  礼金とは,貸主に「貸してくれてありがとう」と謝礼として渡したお金です。ですから,契約終了時に返還されないものとしてあらかじめ合意されているものです。つ... 続きを読む

2010年3月1日|著者:

サラ金の次のターゲットは韓国か

 韓国の全国紙のひとつである「朝鮮日報」にこんな記事が載っていました。昨年の世界的な金融危機のあと、韓国の銀行が一般庶民への貸し渋りを続けているが、その間に、日本系の消費者金融(サラ金)がそのスキをねらって貸付けを伸ばし大儲けをしている、また、今後も日本の大手サラ金会社が相ついで進出をもくろんでいる... 続きを読む

2010年2月16日|著者:

正当な退職届の撤回を無視し、気に入らない職員の排除をねらった使用者を断罪! 

 菊地さんは、佐渡の地域福祉に貢献しようと長年努力していた老人福祉施設の職員です。ある日、意見をはっきり言う菊地さんを良く思わずにいた上司と感情的な対立が生じ、そのいきおいで退職届を提出してしまいました。  しかし職場の労働組合員の説得を受け冷静さを取り戻した菊地さんは、数日後退職届を撤回しました。... 続きを読む

2010年2月3日|著者:

韓国裁判所探検隊、危機一髪(その1)

(2010年正月号ほなみ掲載)  韓国好きの私は、年に何回かふらり韓国へ行き仕事のストレスをいやす。だいたい2泊3日程度だが、日本国内を旅行するよりは安上がりなので、わりと気軽に行くことができる。  2009年春、「韓国裁判所探検隊」と称して知り合いの若い弁護士6人と韓国へ行った。裁判所探検隊だから... 続きを読む

2009年11月24日|著者:

韓国裁判所探検隊(その3・完)

水原地方裁判所(水原法院)の見学を終えた私たち7名は、玄関ロビーに戻った。階段を上ったり下りたりしたので少々足が痛い。さっきのイケメン職員がニコニコして迎えてくれた。こちらもニコニコして別れの握手をし、お世話してくれたシャツ職員にも「どうもありがとうございました。」と握手して別れた。 私たちは、大任... 続きを読む

2009年11月16日|著者:

韓国裁判所探検隊(その2)

「待て」と言われたのだから待つしかない。しばらくすると、右手廊下からさっきのスーツの職員と少し黄色がかった揃いのシャツを着た小柄な若者が2人やってきた。警備の職員かもしれない、このまま全員どこかへ連行されるのか、日本大使館へ連絡してもらおうか、などと悪い方へ思いが行く。 だが、さっきとは打って変わっ... 続きを読む

2009年11月2日|著者:

韓国裁判所探検隊(その1)

韓国好きの私は、年に何回かふらり韓国へ行き仕事のストレスをいやす。だいたい2泊3日程度だが、日本国内を旅行するよりは安上がりなので割りと気軽に行くことができる。 2009年春、「韓国裁判所探検隊」と称して知り合いの若い弁護士6人と韓国へ行った。裁判所探検隊というくらいだから、韓国の裁判所を探検する。... 続きを読む

2009年6月22日|著者:

「死刑」は消えゆく刑罰

 ことし5月21日から裁判員裁判が実施されました。裁判員裁判が死刑の可能性がある犯罪を対象とするから、「今まで裁判なんて縁のなかった一般の人たちに、死刑を宣告するかどうかを決めさせるのは重すぎる」という声があちこちから出ています。  死刑制度は、昔から「廃止すべきだ」「いや存続すべきだ」という深い対... 続きを読む

2009年3月30日|著者:

ポチはモノ?

 ポチは6才。赤ん坊の時にTさんが親戚からもらい受けた柴犬です。おとなしく、ちゃんと躾けもできていて、いつもTさんと小学校の長女に愛嬌をふりまき、一緒にふとんの中で寝ます。母子2人はいつも慰められていました。 ある休日、大好きなドライブに行くため、ポチは、車道の端っこでお座りをし、道路わきの車庫から... 続きを読む

2009年2月6日|著者:

『裁判員裁判』で、どうする?

(2009年正月号ほなみ掲載) 「ただいま、いま帰ったよ。」 「アンタ、なんか裁判所からアンタ宛てに手紙が届いているのよ。」 「裁判所? オレなんか悪いことしたかな~、どれどれ。」 「裁判員裁判? 候補者名簿? なんだコレ。」 「ああ、それなの。『裁判員裁判』って素人が参加する新しい刑事裁... 続きを読む

トップへ戻る