新潟合同法律事務所(新潟県弁護士会所属)

電話番号:025-245-0123(受付日時:平日9:00~17:00)
受付日時:平日9:00~17:00

相談予約フォーム

相談予約フォーム

2017年11月20日|著者:

古い借金を請求され、支払ってしまった…

最近、「古い借金の請求を受けている」という相談を受けることがあります。既に10年くらい支払っていない借金について、高額の遅延利息を付加して請求され、「一部でも良いから払ってほしい」と手紙や電話などでしつこく催促されるケースが多いようです。 消費者金融などの貸金業者の債権の時効期間は、例外もあり... 続きを読む

2017年11月6日|著者:

「福島原発被害&新潟水俣病第1回協同のつどい」が開かれました

9月30日、新潟水俣病資料館ホールにおいて、「福島原発被害&新潟水俣病第1回協同のつどい」が開かれました。 原発事故による避難と新潟水俣病というと全く関係がないようですが、そもそものきっかけは、新潟水俣病の被害者や支援をされている方々が、原発避難者の法廷での証言を聞き、避難者の方々の大変な生活... 続きを読む

2017年9月6日|著者:

債務整理の奥の手「個人再生」

 借金の整理の方法として、自己破産と任意整理はよく知られています。しかし、第三の選択肢ともいえる「個人再生」は意外に利用が少ないようです。  私の経験では、多重債務に悩み法律相談を受けてみたが、思うような解決策を得られなかったという方からの相談を受けた場合、債務整理の奥の手ともいえる「個人再生... 続きを読む

2017年8月9日|著者:

遺言書に関するご相談について

Q 遺言書を作った方がいいのですか?  A 遺言書がない場合、残された相続人は、遺産の分割を協議することになりますが、分け方をめぐって争いになることがよくあります。遺言書を作成しておけば、そのような争いを防ぐことができます。   特に、会社や農業の承継などのために、特定の財産を特定の相続... 続きを読む

2017年7月3日|著者:

被相続人(故人)の預貯金が使い込まれている場合の対処方法

 相続人は、被相続人(故人)の預貯金の履歴を金融機関から取り寄せることができます。そのことにより、被相続人(故人)の生前に、多額の預貯金が引き出されていることが判明することがあります。  このような場合、①相続人の誰かが引き出してそのまま管理している、②相続人の誰かが故人に無断で引き出して使っ... 続きを読む

2017年2月7日|著者:

見直したい「いじめ」対策

(事務所誌ほなみ第121号より搭載)  毎年課題とされながら一向に解決しないもの、その代表が学校の「いじめ」であろう。昨年も、わが県を含め、心の痛む報道が相次いでなされた。 「いじめをなくす」という言われ方をすることがある。しかし、大人の社会でも、職場、地域社会、さらには家庭内の DV・モラハラ... 続きを読む

2016年10月21日|著者:

原発避難者の損害賠償訴訟

(事務所誌ほなみ第120号掲載) 二三九世帯八〇七名の全国有数規模の原告団による福島原発事故の避難者の損害賠償訴訟は、いよいよ山場を迎えています。 東電と国の責任に関しては、東電自ら、二〇〇八年、約一五mの津波が発生するリスクがあることの試算を行っている資料を入手することができ、津波の予... 続きを読む

2016年10月6日|著者:

三十数年ぶりの「論語」

「学而不思則罔、思而不学則殆」(学びて思わざれば則ちくらし、思いて学ばざれば則ちあやうし) 中学生の娘から漢文の質問を受けて、そういえば、その昔習ったことがあると思い出し、その意味を説明しながら、自分でギクッとしてしまいました。あまりにも、物事の本質をついているからです。 私なりに意訳をして... 続きを読む

2016年3月28日|著者:

軟弱土地の宅地分譲による被害と宅地造成業者の責任

新潟市はもともと沼地や川地が多く、地盤が軟弱で沈下が起きやすい地域です。 ときどき起こる紛争として、宅地造成し分譲された土地を購入し、建物を建築したが、地盤沈下によって建物が傾くなどの被害が生ずることがあります。 このような場合、土地の購入者は、宅地を造成して分譲した会社に対して、損害賠... 続きを読む

2016年2月5日|著者:

知ってますか「自庁処理」

離婚などの調停事件は、相手方の住所地が管轄裁判所とされています。したがって、東京に嫁いだが、DV被害等で、子どもを連れて新潟の実家に帰り、夫が東京にいるという場合には、原則として、東京の家庭裁判所に離婚調停を申し立てないといけません。しかし、まだ子どもが幼いとか経済的な理由などで、東京の家裁まで行く... 続きを読む

1 / 41234
トップへ戻る