新潟合同法律事務所(新潟県弁護士会所属)

電話番号:025-245-0123(受付日時:平日9:00~17:00)
受付日時:平日9:00~17:00

相談予約フォーム

相談予約フォーム

2015年6月25日|著者:

後発白内障のレーザー後嚢切開術と説明義務違反

 東京高裁平成26年9月18日判決は、後発白内障のレーザー後嚢切開術を行うにあたって医師の説明が十分になされなかったとして損害賠償責任を認めています。 判決は、当該手術を行う際、網膜剥離か眼内レンズ破損の可能性があるところ、医師がそのような説明を怠ったとしました。 医師側は説明したと主張していま... 続きを読む

2015年6月24日|著者:

パワハラが不法行為とされた一事例

 東京地裁平成27年1月13日判決は、弁護士法人における事務局長から職員への言動がパワハラとして不法行為になるとし、損害賠償の支払いを命じています。 パワハラとして不法行為が認定された言動は以下のとおりです。 ・(顧客への請求金額の計算をミスしたことについて)「○様へ はあ~??・・・なぜ減額報... 続きを読む

2015年6月21日|著者:

新所有者による建築後79年経過の木造建築物の賃貸借契約解約の効力が否定された事例

 東京地裁平成27年2月5日判決は、建築後79年経過の木造建築物の賃貸借契約解約の効力を否定しています。 この木造建築物は、旧所有者から新所有者に売られ、新所有者は所有権取得後2ケ月程度で賃貸借契約を解約する意思表示をしています。 賃借人 はその建物で居住していました。 裁判所は、建物を取得後... 続きを読む

2015年6月20日|著者:

下大静脈フィルター抜去における過失が認められた事例(医療過誤)

 東京地裁平成26年9月10日判決は、医師らに下大静脈フィルターを抜去する際の過失があると認め、損害賠償を命じていますのでご紹介します。 この下大静脈フィルターは、患者に人工肛門増設術を行うに際し、腫瘍栓と思われる塞栓子が見つかったため、その塞栓子により肺塞栓症が発生するのを防ぐために留置されたも... 続きを読む

2015年6月12日|著者:

部活中の熱中症と学校側の責任

 大阪高裁平成27年1月22日判決は、県立高校のテニスの部活中に、生徒が熱中症にり患し、重大な障がいが生じた事件について、学校側の責任を認める判決を言い渡しています。 判決は、 ⅰ 気温が30度前後であったこと ⅱ 通常の練習より長い練習時間であったこと ⅲ 通常の時間帯より日差しが強くなり... 続きを読む

2015年6月11日|著者:

労働契約に付随する貸金契約の効力

 労働基準法5条は、「使用者は、暴行、脅迫、監禁その他精神又は身体の自由を不当に拘束する手段によって、労働者の意思に反して労働を強制してはならない」としています。 これには会社を辞めた場合には金を払わせるという経済的足止め策も含まれると考えられます。 東京地裁平成26年8月14日判決は、約定の雇... 続きを読む

2015年6月10日|著者:

病院でのベッドからの転落事故と損害賠償

 広島高裁岡山支部平成26年8月22日判決は、入院中の患者がベッドから転落し急性硬膜下血腫により死亡した事故について、病院側の損害賠償責任を否定しています。 判決は、患者は、高齢であるものの認知症はなく、自身の身体状況も把握していた、移動などで必要があればナースコールで看護師を呼ぶことができた、ベ... 続きを読む

2015年5月31日|著者:

刑事事件Q&Aシリーズ5

Q:高校生の子どもが万引きをしてしまい警察に逮捕されました。少年事件の場合、通常の裁判ではなく、家庭裁判所に送られると聞きましたが、今後、どのようなことになるのでしょうか。 A:少年事件の場合、成人とは異なり、基本的には家庭裁判所で「審判」が行われます。 ただし、少年事件が家庭裁... 続きを読む

2015年5月30日|著者:

税理士の説明義務違反と損害賠償

 東京地裁平成25年2月20日判決は、税理士による説明義務違反について損害賠償義務を認めています。税理士の説明すべき程度について参考になる裁判例かと思います。 事案は、医療法人が、特定医療法人になるための業務を税理士に委託した際に発生したものです。特定医療法人になると通常の医療法人より税率が軽減さ... 続きを読む

2015年5月29日|著者:

イレウス発症と転送義務違反(医療過誤)

 東京地裁平成26年2月26日判決は、イレウスにり患した患者を診察した開業医が、患者を高次の医療機関に転送しなかったことが義務違反にあたるとして、損害賠償義務を認めています。 患者は、平成21年2月1日午前3時15分ころ、腹痛、吐き気を訴えて開業医に救急搬送されました。医師は急性胃炎と診断し、薬を... 続きを読む

トップへ戻る