新潟合同法律事務所(新潟県弁護士会所属)

電話番号:025-245-0123(受付日時:平日9:00~17:00)
受付日時:平日9:00~17:00

相談受付フォーム(予約専用)

相談受付フォーム(予約専用)

2011年4月19日|著者:

“パートのおじさん”とは、普通言わない

(事務所誌「ほなみ」第106号掲載) 日本では、現在、給料をもらって働いている人(労働者)が約5000万人います。  それではクイズです。 つぎの(   )の中には同じ数字が入ります。どんな数字でしょう。  ①正社員だけで見ると、女性は男性の(   )%です。  ②女性だけで見ると、正社員の数は全... 続きを読む

2011年4月18日|著者:

被災者の皆さま、お気軽にご相談ください

  当事務所でも、東北地方太平洋沖地震の被災者の方へ   法律扶助を使って、相談料の負担なく、   相談していただくことができます。   持ち家が避難指示区域内にある、アパートが倒壊した、   権利証を紛失したなどの住まいに関するご相談、   住宅ローンほか各種ローン、損害保険、当面の生活費、  ... 続きを読む

2011年4月14日|著者:

投資家は非合理?

1,4月1日,2日と先物取引全国研究会に参加してきました。研究会では,先物取引の被害救済のセミナー,大学教授による講義,各地の弁護士の活動報告等がなされました。1日目には,今回の震災で被災された仙台の弁護士によるセミナーが行われましたが,「このような事態にあっても,なお消費者被害,先物取引被害の歩み... 続きを読む

2011年3月28日|著者:

震災に伴う法律問題について

未曾有の大災害につき、亡くなられた方々に対し、深く哀悼の意を表します。そして被災された方々にお見舞いを申し上げ、一刻も早い復興を祈ります。 現状では、まだまだ日々の生活のことで手一杯の人が多いかと思いますが、震災は、多くの法律問題を伴うことがあります。 新潟では、近年、中越地震、中越沖地震の... 続きを読む

2011年3月23日|著者:

電柱に青いテープが巻けるまで頑張りましょう!

  東北関東大震災が起きてから約1週間。私の実家がある新潟県三条市に、現在(2011年3月19日)、福島県南相馬市から約600人の被災者の方々が避難しています。   今回の被害の大きな原因は巨大津波です。水による災害と言えば、三条市は7年前に梅雨末期の豪雨で川の堤防が決壊し濁流が町を飲み込んだ災害を... 続きを読む

2011年3月14日|著者:

大地震に乗じた詐欺にご用心

   3月11日、三陸沖を震源とする大地震が発生しました。    被害を受けられた方々に、事務所一同、心よりお見舞い申し上げます。    このような事態に乗じて人を騙そうとする人がいることは大変残念ですが、既に「○○(有名企業や官公庁)からの情報です」「知り合いにも転送してあげてください」といった... 続きを読む

2011年3月2日|著者:

パワハラに関する裁判例の紹介

社会問題となっているパワハラ。 パワハラによってうつ病等の精神疾患となったり、自殺される方が後を絶たない状況にあります。 パワハラによって自殺したような場合、常に、労働災害や公務災害として認められるわけではなく、使用者側に損害賠償義務が発生するとは限りません。労災であれば、厚労省の認定基準に合致... 続きを読む

2011年2月22日|著者:

改正された商品取引所法の施行について

       平成23年1月1日から,改正された商品取引所法が施行されています。     「不招請勧誘」といって,勧誘の要請をしていない人に対して訪問や電話をして勧誘を行うことが原則として禁止されました。     また,これまで海外商品先物取引については,業者の参入について規制がありませんでしたが,... 続きを読む

2011年2月10日|著者:

「新潟市自殺予防ゲートキーパー養成研修会」に行ってきました

2月6日(日),新潟市内で「自殺予防ゲートキーパー養成研修会」が開催されました。 自殺は身近に起こりうる社会問題であり,社会全体で取り組むべき課題であるとの趣旨から,新潟市が主催,新潟県弁護士会,新潟労働局,新潟県精神保健福祉協会新潟支部の共催で開催されました。 当日は,300人定員の会場に35... 続きを読む

2011年2月7日|著者:

刑事事件の傍聴へのお誘い

 2月4日・5日の2日間、弁護士会主催で裁判員裁判に向けた研修がありました。  県外から刑事弁護を専門的に扱っている弁護士を招き、  法廷での姿勢やメモを見ないで話す練習など、  丸2日間特訓いたしました。  私は昨年この研修に参加しましたが、  もともと人前で話をすることが得意ではないこともあり... 続きを読む

トップへ戻る