新潟合同法律事務所(新潟県弁護士会所属)

電話番号:025-245-0123(受付日時:平日9:00~17:00)
受付日時:平日9:00~17:00

相談受付フォーム(予約専用)

相談受付フォーム(予約専用)

2018年12月26日|著者:

担当事件の紹介(税理士の損害賠償責任が問題になった事例)

私が担当している事件で、ご依頼者のA会社(以下「A社」)が、B税理士(以下「B」)に対し、以下①及び②を理由に、損害倍請求訴訟を提起した事案があります(いずれも新潟県外の方です。)。 ① A社設立時に、BがA社(代表者)に対し、資本金額を1000万円以上にすると第1期から消費税の納付義務が発生... 続きを読む

2018年12月18日|著者:

不当解雇、負けずにガンバって職場復帰

Aさん(女性)は、ハローワークで建築関係のB社の求人に応募し採用されました。求人票には仕事は現場管理の補佐、書類の作成となっていて、Aさんは建築関係の資格や職歴はないけれどやっていけると思いました。 入社して試用期間の間、Aさんは仕事に慣れようと一生懸命働きました。仕事上の失敗や注意を受けたこ... 続きを読む

2018年11月14日|著者:

五泉市政務調査費訴訟が結審しました(来年3月25日判決)

平成20年から24年度の五泉市議会議員(会派)に対する政務調査費の支出が違法であるとして、五泉市の住民が新潟地方裁判所に提訴した住民訴訟が、本年11月1日に結審しました(提訴から約4年半経過しました。)。 同訴訟では、政務調査費を飲食費に充てたことが違法であること、政務調査費を旅費に充てたこと... 続きを読む

2018年10月18日|著者:

アオシ運輸事件 (会社の悪質な財産隠しを追及)

(事務所誌ほなみ第124号掲載) 長岡市にあるアオシ運輸株式会社(現在、㈱アオシ)は主に新聞輸送を業務としているトラック運送会社です。日ごろから経営陣に意見する労働組合をつぶそうと考え、突如「赤字だから輸送部門を廃止する」と宣言し運転手をほぼ全員解雇しました。そのウラで労働組合に関わらなかった... 続きを読む

2018年10月17日|著者:

ノーモア・ミナマタ第2次新潟訴訟 裁判長が、被告の国と昭和電工に異例の「注文」

2013年12 月の第1陣提訴でスタートしたノーモア・ミナマタ第2次新潟訴訟ですが、7月12 日に開かれた第20回裁判で注目されたのは、国と昭和電工の文書送付嘱託(取り寄せ)の申請に対し、裁判所がどのような判断を示すかでした。菅野裁判長は申請を認めましたが、異例の注文をつけました。 今回認めら... 続きを読む

2018年10月4日|著者:

ノーモア・ミナマタ訴訟で、原告側が東京高裁判決の間違いを指摘

もとの身体に戻してほしい ノーモア・ミナマタ第2次訴訟の第21回裁判が9月20日に開かれ、最初に第15陣原告の五十嵐美智子さん(66歳)が意見陳述。新潟市の津島屋に住む五十嵐さんの両親は認定病患者で、両親の親族の中にも多くの認定患者や医療手帳所持者がいました。昭和42年頃までは家族ぐるみで阿賀... 続きを読む

2018年7月26日|著者:

難治性のうつ病で軽易な労務しかできないAさんの控訴を棄却

労災保険法施行規則14条の別表第1では、労災事故で精神障害の後遺障害が生じた場合、「神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外に服することができない」場合には7級の3に該当する後遺障害と定め、給付基礎日額131日分の障害補償年金を支給することになっています。 この7級の3では、その精神... 続きを読む

2018年7月5日|著者:

ノーモア・ミナマタ第2次訴訟で更新弁論、国の不当な主張に原告団長が抗議

11人が追加提訴、原告は147人に ノーモア・ミナマタ第2次新潟訴訟の第19回弁論が5月31日に開かれましたが、同日は弁論に先立って第15陣原告11人が追加提訴しました。これで原告総数は147人。新たに原告に加わった11人は51歳から84歳の年齢層で、様々な事情で診断を受けるのが遅くなった方々... 続きを読む

2018年6月20日|著者:

解決事例の紹介-すい臓がんの検査ミスが疑われた事案(医療過誤)-

すい臓がんは、故星野仙一さん(元プロ野球選手監督)や翁長雄志さん(沖縄県知事)が闘病した疾患で、発見が難しいと説明されています。 すい臓がんを発見する方法として、内視鏡を使用した検査が効果的であるといわれています。ところが、ある医療機関において、すい臓がんの検査のため、内視鏡検査を行った際、誤... 続きを読む

2018年5月11日|著者:

無罪判決を受けて

先日、当職が担当する刑事事件で無罪判決を受けました。 事案は、道路交通法違反です(事案の詳細は諸事情により割愛させていただきます)。略式手続(簡易裁判所において公判手続を経ないで罰金又は科料を科する手続)で罰金刑の言渡しを受けた後に当職が私選弁護人に就任し、異議申立後の正式裁判で無罪判決となり... 続きを読む

1 / 912345...最後 »
トップへ戻る