新潟合同法律事務所(新潟県弁護士会所属)

電話番号:025-245-0123(受付日時:平日9:00~17:00)
受付日時:平日9:00~17:00

相談予約フォーム

相談予約フォーム

2015年12月8日|著者:

騎馬戦による事故と損害賠償(学校事故)

 福岡地裁平成27年3月3日判決は、騎馬戦で騎手をしていた県立高校の生徒が落下し、首の骨を骨折し、重大な障がいが残ったという事案について、学校設置者である県に賠償責任を認めました。 裁判所は、まず、騎馬戦は事故が発生する可能性が高いにも関わらず、これを行う生徒において経験を積んでいないという特性が... 続きを読む

2015年12月1日|著者:

マイナンバー訴訟 全国一斉提訴

 本日、新潟地裁に、マイナンバー違憲訴訟の提訴を行いました。 原告4名、代理人19名です。 その他、本日中に東京、大阪、仙台、金沢でも提訴をしました。今後、福岡、名古屋、横浜も提訴する予定です。 マイナンバーによって市民はあまりメリットを受けません。他方、市民の重大なプライバシー情報が警察など... 続きを読む

2015年11月24日|著者:

マイナンバー違憲訴訟 決起集会のご案内

 マイナンバー制度は、既に情報流出が発生するなど、市民のプライバシーなどの権利を侵害する可能性が高いことがはっきりしてきました。 そこで、12月1日、全国一斉にマイナンバーの使用差し止めを求めるマイナンバー違憲訴訟を提訴します。新潟でも提訴します。 このマイナンバー違憲訴訟の決起集会が、11月2... 続きを読む

2015年10月30日|著者:

原発事故による取引先の操業停止と損害賠償

 原発事故では、多くの企業が生産を中止せざるをえなくなりましたが、中には自らは原発の近くにあったわけではないものの取引先の操業停止に伴い営業を停止したり縮小せざるを得なくなった企業もあります。 大阪地裁平成27年9月16日判決は、避難指示区域内に存在する会社と取引をしていた会社が、事故のために製品... 続きを読む

2015年10月29日|著者:

BRT・連節バス住民投票の直接請求運動が始まります!

 9月5日の開業以来、乗客に不便を来し、事故を起こすなどトラブル続きのBRT・連節バス。 私たちは、このBRT・連節バスをどうするかについては市民が自ら決めるべきだと市長や市議会に訴えてきましたが、退けられてきました。 そこで、明日10月30日から12月28日まで、BRT・連節バスをどうするかを... 続きを読む

2015年10月29日|著者:

キャリーバッグによる事故と損害賠償

 最近、駅でキャリーバッグを引いて歩いている人を結構見かけますし、危ないと思うこともよくあります。 東京地裁平成27年4月24日判決は、駅構内においてキャリーバッグに他の歩行者が躓いて転倒をした事故について、キャリーバッグを引いていた人に賠償責任を命じています。 裁判所は、人どおりの多いところで... 続きを読む

2015年10月16日|著者:

高インスリン血性低血糖症の見落とし(医療過誤)

 広島地方裁判所平成27年5月12日判決は、高インスリン血性低血糖症の見落としにより女児が重度の知的障がいを負った件について、医療機関に賠償責任を認めています。 裁判所は、被害者に無熱性のけいれんが見られたこと、低血糖によるけいれんについては中枢神経障がいを招くため速やかな治療が必要とされているこ... 続きを読む

2015年10月14日|著者:

東京地裁がツイッター社に対し発信者情報開示命令

 東京地裁は本年9月30日、ツイッター社に、ツイッター上でなされた肖像権侵害に関し、侵害をした者につながる情報の開示を命令しました。ツイッター社はそれを受け、速やかに開示を実施しています。 これは、戦争法案の反対運動が盛り上がっていた7月26日、ツイッター上の匿名のアカウントで、戦争法案反対デモに... 続きを読む

2015年10月5日|著者:

マイナンバー あわてて個人番号カードの取得をしないようにしましょう

 10月5日から各世帯に個人番号(マイナンバー)の通知カードが送付されます。 そこには通知カードと一緒に、個人番号カードの申請用紙が入っています。個人番号カードは、写真付でマイナンバーが記載されたカードです。身分証明として使うことが想定されています。 しかし、現時点では、個人番号カードを取得する... 続きを読む

2015年9月29日|著者:

あらたに2人が新潟水俣病に認定

 新潟県と市は、9月2日に開かれた新潟県・新潟市公害健康被害認定審査会の答申を受け、9月15日、新たに2人を水俣病患者に認定、6人の申請を棄却、2人について処分を保留したと発表しました。認定されたのは阿賀町に住む神田栄さんと神田三一さん兄弟。いずれもノーモア・ミナマタ新潟第2次訴訟の原告で、... 続きを読む

トップへ戻る