新潟合同法律事務所(新潟県弁護士会所属)

電話番号:025-245-0123(受付日時:平日9:00~17:00)
受付日時:平日9:00~17:00

相談予約フォーム

相談予約フォーム

2015年1月30日|著者:

エコキュートによる低周波騒音

   エコキュートによって健康被害を受けたとして隣家から、その撤去を求められたという事例がありました。    エコキュートの消費者安全調査委員会の調査報告    2014年12月、消費者安全調査委員会(消費者事故調)は、「エコキュート」と呼ばれている家庭用ヒー... 続きを読む

2015年1月28日|著者:

平成27年、相続税強化がやってくる(その3 贈与の活用)

 相続税強化と並行して贈与税の緩和措置が取られています。そのため、相続税の適正化のため、贈与の活用が検討されなくてはなりません。 以下、具体的に述べます。 1 暦年贈与 1人の人が1年で贈与を受けた金額が110万円以下であれば贈与税はかかりません。この枠を活用することが考えられます。 ただし... 続きを読む

2015年1月28日|著者:

新潟水俣病50年目の現在

    今年の6月で公式発表から50年目を迎える新潟水俣病ですが、今なお多くの被害者が救済を受けられない状態で放置され、裁判等を余儀なくさせられています。  新潟では水俣病特措法によって1811人(全国では3万2244人)の被害者に一時金が支給されましたが、救済が... 続きを読む

2015年1月27日|著者:

経営者保証について その1(保証契約の期限到来により保証人を外す)

 金融庁は、平成26年6月、「経営者保証に関するガイドライン」を取りまとめ、経営者の保証責任を合理的な範囲に限定させようとしています。そして、ガイドラインに沿った取扱いが行われるようにするため、参考事例を公表しています。この参考事例は、経営者の保証責任を限定するための金融機関との交渉のために有益と思... 続きを読む

2015年1月27日|著者:

法律相談 「相続」

    (事務所誌第117号掲載)     ①相続~遺産分割協議について     2か月前に父が亡くなったのですが「相続」というものがよく分かりません。遺言はなく、私は次男で、兄と妹がいますが、まだ何も話し合いをしていません。    ... 続きを読む

2015年1月26日|著者:

第4陣提訴に向けて新潟水俣病被害者のつどい

 1月25日、阿賀野患者会の呼びかけで水俣病の認定申請者や準備中の方々を対象にした「新潟水俣病被害者のつどい」が開かれ、私も弁護団の一員として参加しました。平成25年12月11日のノーモア・ミナマタ第2次新潟訴訟の第1陣提訴に先立って1回目の「つどい」が開かれてから、今回は4回目の「つどい」になり... 続きを読む

2015年1月20日|著者:

手術による針の遺残と慰謝料(医療過誤)

 手術の際、手術等に使う道具が体内に残されるということがたまにあります。 ゴム管が遺残され、激痛が生じた事例では300万円の慰謝料が認められました。 ガーゼが遺残され、子宮外膜が癒着した事例では300万円の慰謝料が認められました。 ガーゼが遺残され、肉芽種が生じ、後遺症が残った事例では500万... 続きを読む

2015年1月19日|著者:

平成27年、相続税強化がやってくる(その3 養子の扱い)

 以前ご説明しましたが、相続税は3000万円+(法定相続人の数×600万円)が基礎控除額となります。 この法定相続人には養子も含まれます。ですから、養子がいる場合には、その分、相続税が少なくなることになります。 しかし、相続税を脱法的に免れるため、やたらめったら養子縁組をすることも考えられます。... 続きを読む

2015年1月10日|著者:

全身麻酔手術後の低酸素脳症と病院側の責任

 宮崎地裁平成26年7月2日判決は、医療法人経営の病院で、全身麻酔を受けて腰椎椎弓切除の手術を受けた患者が、手術後低酸素脳症となり、植物人間となった事故について、医療機関等の損害賠償責任を認めています。 判決は、主治医兼麻酔医が手術室から患者を看護師に引き継ぐ際に患者の呼吸に注意するよう指示したも... 続きを読む

2015年1月8日|著者:

派遣労働者に対するセクハラと派遣元の責任

 大阪高裁平成25年12月20日判決は、派遣労働者が派遣先でセクハラを受けたことにつき、派遣元事業者に損害賠償責任を肯定しています。 同判決は、派遣労働者がセクハラの被害を受けたと申告した場合、派遣元事業主としては事実関係を迅速かつ正確に調査し、派遣先に働きかけるなどして被害回復、再発防止のために... 続きを読む

トップへ戻る