新潟合同法律事務所(新潟県弁護士会所属)

電話番号:025-245-0123(受付日時:平日9:00~17:00)
受付日時:平日9:00~17:00

相談予約フォーム

相談予約フォーム

2016年11月7日|著者:

不当解雇事件”完全”勝利和解

(事務所誌ほなみ第120号搭載)  Aさんは、B社のある部門に所属する正社員でしたが、2014年4月、B社は、Aさんが所属する部門を閉鎖すると発表し、当該部門に所属している社員に対して執拗な退職勧奨をしてきました。B社側の説明に納得のいかなかったAさんは県労連ユニオンに加入し、組合を通... 続きを読む

2016年10月25日|著者:

平成二十〜二三年度政務調査費訴訟で一部勝訴!

ほなみ第120号 新潟市民オンブズマンが、新潟県知事に対し、平成二十年から二三年度までに新潟県議会議員の使用した政務調査費の返還を県議会議員に求めるよう請求した訴訟の判決が、本年四月二二日、新潟地方裁判所で言い渡されました。 判決は、新潟県知事に対し、合計八名の県議会議員(以下「議員」と... 続きを読む

2016年10月21日|著者:

原発避難者の損害賠償訴訟

(事務所誌ほなみ第120号掲載) 二三九世帯八〇七名の全国有数規模の原告団による福島原発事故の避難者の損害賠償訴訟は、いよいよ山場を迎えています。 東電と国の責任に関しては、東電自ら、二〇〇八年、約一五mの津波が発生するリスクがあることの試算を行っている資料を入手することができ、津波の予... 続きを読む

2016年10月18日|著者:

心友会事件~“完全”勝利和解~

(事務所誌 ほなみ№120号) 2013年1月、社会福祉法人で生活相談員として働いていたAさんは、違法、不当な自宅待機命令を受け3年以上も職場に戻してもらえませんでした。以後、処分の不当性を訴え、職場復帰と未払い賃金の支払いを求め、労働組合とともに争議を闘ってきましたが、2016年2月19日、... 続きを読む

2016年10月17日|著者:

新潟の水と空気から

 (ほなみ第120号掲載)  新潟での生活も学生時代を含めると10年を超えました。九州生まれの私ですが、人生の4分の1を超える時間をここ新潟で過ごし、新潟のコメなくしては生きられず、冬の冷たい空気にもすっかり馴染んできた今日この頃です。 新潟のコメは、雪解け水が上流の肥沃な土壌から信濃川や阿賀野... 続きを読む

2016年10月14日|著者:

「文通」

 (ほなみ第120号掲載)  皆さんは、最近、「手紙」を書くことはありますか? 携帯電話が普及して以降は、もっぱら「メール」を活用しており、「手紙」を書く機会が減ったという方は多いのではないでしょうか。 年始のあいさつも、今や「あけおめメール」が主流になっているかと思います。 そのような中、... 続きを読む

2016年10月13日|著者:

変えないものと変えるもの

(事務書誌 第120号より)  弁護士登録をしてから(当事務所に入所してから)、早くも五年目となりました。 入所当時から現在に至るまで、多種多様な案件を担当してきました。案件の準備・調整を進める中で行き詰まり、悩み、辛い思いをすることも多々ありました(もちろん、苦労の末、一定の成果を得る... 続きを読む

2016年9月27日|著者:

鹿瀬発電所

(事務所誌 ほなみ120号掲載) 年秋に行われる新潟水俣病現地調査は、新潟駅前を通常朝9時に出発する。参加者は貸切バスに分乗し、磐越高速道を経由して阿賀町にある昭和電工の旧鹿瀬工場跡に向かう。出発して約1時間後に鹿瀬工場跡を通過して阿賀野川を見下ろす展望台で停車し、ここでツアーの参加者全員がそ... 続きを読む

2016年4月22日|著者:

平成20~23年度の政務調査費の返還履行請求訴訟で一部勝訴!

新潟市民オンブズマンが、新潟県知事に対し、平成20年から23年度までに新潟県議会議員の使用した政務調査費の返還を県議会議員に求めるよう請求した訴訟の判決が、本日、新潟地方裁判所で言い渡されました。 判決は、新潟県知事に対し、合計8名の県議会議員(以下「議員」といいます。)に合計約630万円の返還を... 続きを読む

2016年4月13日|著者:

「GPS捜査」はありかなしか。

警察が捜査対象者の車にGPSをひそかに取り付けて捜査する「GPS捜査」はありでしょうか。なしでしょうか。捜査機関としては、捜査対象者の行動を把握するのに、これほど便利な捜査はないでしょう。しかし、捜査対象となった側からすれば、逐一行動を監視されていることから、プライバシー権が侵害されているといえます... 続きを読む

トップへ戻る