新潟合同法律事務所(新潟県弁護士会所属)

電話番号:025-245-0123(受付日時:平日9:00~17:00)
受付日時:平日9:00~17:00

相談予約フォーム

相談予約フォーム

2010年6月3日|著者:

働く者のいのちが大切にされる社会へ ~大橋公務災害で知事が遺族に謝罪~ 

2004年に長時間労働を原因に自死した新潟県職員大橋和彦さん(当時34歳)は、2009年2月9日、地公災新潟県支部審査会の裁決を受け、公務災害と認定されました。その後、遺族、弁護団、組合は、本件の全面解決に向け、知事の謝罪を求めてきました。 大橋さんの命は残念ながら戻ることがありません。せめて、大... 続きを読む

2010年6月1日|著者:

法律相談 − 割増賃金のあれこれ −

Q 割増賃金とはなんですか。 A 労働時間が1日8時間及び1週40時間を定められている企業で、これを超えて残業したとき(労働時間の延長)の手当や、午後10時から午前5時までの時間帯(深夜時間帯)に働いたときの手当、週1日の法定休日に出勤した場合の手当は、通常よりも一定率を乗じた割増の賃金を支払... 続きを読む

2010年5月28日|著者:

長崎市亀山社中記念館 

 この春、熊本に出張したおり、少し時間があったので足を延ばし、長崎市亀山社中記念館を見学した。今、大河ドラマでも大活躍の坂本龍馬が、日本最初の商社である亀山社中を結成したのは慶応元年(1865)の夏。それから約2年後の慶応3年11月15日、中岡慎太郎と共に京都河原町の近江屋で刺客に襲われ、33歳の生... 続きを読む

2010年5月27日|著者:

アダムスさんちのジョン 

 アダムスさんには飼い犬ジョンがいます。ジョンは猟犬でアダムスさんの命令にとても忠実です。するどい歯を持ち、ねらった獲物は逃しません。  アダムスさんはジョンを連れて狩りに行くのが趣味でしたが、良い獲物は自宅から大変遠くまで行かなければならず、だんだん難義になってきました。  そこで、狩場の近くに住... 続きを読む

2010年5月19日|著者:

自殺問題を考える県民フォーラムを開催しました

 新潟県と弁護士会との共催で、2010年3月10日、生涯学習推進センターで「自殺問題を考える県民フォーラム」を開催いたしました。  当日は、月乃光司さんによる講演や詩の朗読のほか、自死遺族のお気持ちを聞くこともできました。「返済しきれない借金があっても、自己破産という解決方法もある」という弁護士の話... 続きを読む

2010年5月12日|著者:

新潟県弁護士会副会長就任の御挨拶

本年4月より、1年間の任期で、新潟県弁護士会の副会長に就任することになりました。裁判員裁判の実施後の検証や様々な人権課題が山積しておりますが、県民の皆様にとって、弁護士がより身近で頼りがいのある存在となるよう微力を尽くしたいと思います。日常業務には支障がないように努めますので、よろしくお願い申し上げ... 続きを読む

2010年5月12日|著者:

独立しました

   この度、新潟合同法律事務所から独立し、4月1日から新たに新潟市内の法律事務所で勤務を開始することとなりました。  新潟合同法律事務所には、平成18年10月から勤務をしていたので3年半在籍していたことになります。  私は新潟合同法律事務所で、比較的、労働事件や行政訴訟事件に携わることが多く、特に... 続きを読む

2010年5月11日|著者:

敷金って,返してもらえるの? 

 アパートやマンションを借りるとき,一般的には「敷金」と「礼金」を払います。これらのお金は,賃貸借契約が終了した後,返してもらえないのでしょうか?  礼金とは,貸主に「貸してくれてありがとう」と謝礼として渡したお金です。ですから,契約終了時に返還されないものとしてあらかじめ合意されているものです。つ... 続きを読む

2010年3月1日|著者:

サラ金の次のターゲットは韓国か

 韓国の全国紙のひとつである「朝鮮日報」にこんな記事が載っていました。昨年の世界的な金融危機のあと、韓国の銀行が一般庶民への貸し渋りを続けているが、その間に、日本系の消費者金融(サラ金)がそのスキをねらって貸付けを伸ばし大儲けをしている、また、今後も日本の大手サラ金会社が相ついで進出をもくろんでいる... 続きを読む

2010年2月26日|著者:

2月23日 ノーモア・ミナマタ東京訴訟 提訴

2月23日、地下鉄霞ヶ関の出口で「ノーモア・ミナマタ」のチラシをもらいました。 関東に転居した水俣病の患者さんたちがこれから提訴するとのことです。 会議が始まる時間まで少しあったので、環境省の前まで行ってみると、大勢の患者さん・支援者・マスコミが集まっていました。 私が行ったときは、ちょうど新潟の... 続きを読む

トップへ戻る