新潟合同法律事務所(新潟県弁護士会所属)

電話番号:025-245-0123(受付日時:平日9:00~17:00)
受付日時:平日9:00~17:00

相談予約フォーム

相談予約フォーム

2008年11月5日|著者:

商品先物取引被害

 先日,先物取引被害全国研究会に出席してきました。同研究会は,先物取引被害を救済するために有志の弁護士が集まり昭和57年に設立されたもので,年2回のペースで研究会を行っています。最近は,200~300人の弁護士が全国から参加しています。 今回の研究会では,訴訟の実務に関するパネルディスカッション,学... 続きを読む

2008年11月4日|著者:

土地の境界について

 土地の境界をめぐる争いは、数は多くないですが昔から途絶えることはありません。 バブルのころ土地の価格が高かった時期、あるいは1坪○○○万円などという大都会ではいざ知らず、新潟の田舎でも土地境界をめぐる争いは少なくありません。コスト面からすれば明らかにペイしないのに、多額の経費をかけて血をつり上げて... 続きを読む

2008年10月15日|著者:

多発する霊感商法被害

 新潟県内でも統一協会の信者による霊感商法の被害が多発しています。 統一協会の霊感商法の特徴は、正体を隠して接近してくること。したがって、多くの被害者は、自分が霊感商法の被害にあったことに気づかないでいるケースが多くあります。 特徴的な手口はつぎのとおりです。 あなたの自宅に、印鑑や念珠の訪問販売員... 続きを読む

2008年9月22日|著者:

弁護士費用について

 「弁護士に相談したいけれど、いくらかかるか分からない」「経済的に苦しくて弁護士費用を払えそうにない」「裁判までしても結局弁護士費用を支払うと手元に残らないのではないか」と心配される方も少なくありません。 サイフがきついから弁護士の援助が受けられない、というのでは権利の保護は絵に描いたモチでしかあり... 続きを読む

2008年9月3日|著者:

中国人強制連行事件(新潟訴訟)上告棄却!

2008年7月4日、最高裁判所は私たちの上告を棄却する決定をしました。郵送されてきた決定書はほんの数ページ。 当事者目録を除けば実質的な理由部分はわずか2ページでした。内容も、「上告理由に該当しない」「上告を受理すべきものとは認められない」と結論を言うだけで、私たち弁護士がいう“三下り半”というもの... 続きを読む

2008年9月3日|著者:

ヤミ金から借りたお金は返す必要がない!

Q 夫が、スポーツ新聞の広告を見て金融会社から借入をしたところ、ヤミ金であることが判明しました。2社から借りていて、1社は借りたお金をはるかに上回るお金を支払っていますが、もう1社はまだ全額返していません。このまま業者の言うとおりに支払っていかなければならないのでしょうか。 A 一切支払う必要はあ... 続きを読む

2008年9月3日|著者:

名ばかりの管理職

    ニュースなどで割と大きく報道されたので、皆様もご存じかと思いますが、今年の1月、東京地方裁判所において、マクドナルドの店長による会社に対する残業手当の請求を認める判決が出ました。 そもそも、「どうして管理職には、残業手当を払わなくてもいいの?」と思う方もいらっしゃるかも知れません。それは、労... 続きを読む

2008年9月3日|著者:

イラクでの自衛隊空輸活動は憲法違反

   4月17日,名古屋高裁で自衛隊のイラク派遣差止訴訟の判決がありました。当時は新聞等でも大きく報道されたのでご記憶の方も多いと思います。   この裁判は,一般市民が国に対して,イラク特措法に基づく自衛隊の派遣の差止,派遣が憲法違反であること,慰謝料請求を求めた事件で,名古屋高裁では,原告のこれら... 続きを読む

2008年9月3日|著者:

国と企業は責任を果たせ

昨年4月28日の西松訴訟最高裁判決は強制連行の中国人被害者の被害実態に触れながら、債務者側の任意な自発的な対応に言及し、被害者らの精神的・肉体的な被害の甚大さと強制労働によって企業が得た違法利益を考慮すると、国を含めた関係者において被害者らの被害の救済に向けた努力を行うことを期待すると述べ、中国人被... 続きを読む

2008年9月3日|著者:

立川反戦ビラ最高裁判決に思う

人は誰しも自分の思いや意見を人に聞いてもらいたいことがある。それが許されないことは大変な苦痛である。親に教師に上司に友人に自分の言い分を聞いてもらえなかったときの悔しさ、やるせなさは誰でも体験したことがあるだろう。 そして,人の願いや意見は,周囲の人間だけではなく、時に世の中や政治を動かす。C型肝... 続きを読む

35 / 36« 先頭...1020...3233343536
トップへ戻る