新潟合同法律事務所(新潟県弁護士会所属)

電話番号:025-245-0123(受付日時:平日9:00~17:00)
受付日時:平日9:00~17:00

相談受付フォーム(予約専用)

相談受付フォーム(予約専用)

2022年9月13日

東京高裁、帝京長岡高校・吉田教諭に対する不当解雇を認める!!

 帝京長岡高校の吉田大教諭が帝京蒼柴学園(以下「学園」)から令和二年三月末限りで普通解雇されたことにつき、本年六月二七日、東京高等裁判所は、解雇無効を理由に賃金仮払いを命じた新潟地方裁判所長岡支部の仮処分決定を認可(支持)し、解雇が有効であるとした同支部の異議審決定を取り消しました(以下「本決定」)。

 本決定は、学園の主張する「職務に必要な適格性を欠く場合」の解雇が認められるのは「当該教職員に使用者の改善措置によっても容易に矯正しがたい職務を行うに必要な能力の不足又は素質、性格に基因する不適格な行為であって、その職務の遂行に支障があり、その支障の程度が当該教職員を組織から排除しなければならないほど重い場合」に限られる、との前提に立ち、個々の解雇理由を検討しました。

 そして、本決定は、学園が吉田教諭に対し「指導等を尽くしてきたかは疑問が残る」、「解雇以外の選択肢がないと判断していたとも認められない」などとしたうえで、吉田教諭に対する解雇が解雇権の濫用に該当する蓋然性が高いと判断しました。

 本決定は、学園の組合敵視の姿勢、吉田教諭が組合に加入した後の事実経過、同教諭の言動に対する学園の対応、個々の証拠の提出時期、証拠作成者の置かれた状況等を丁寧に分析・検討したうえで、解雇権濫用(不当解雇)の蓋然性が高いと結論付けたもので、妥当といえます。

 解雇有効と判断した異議審決定は、解雇権濫用の法律論及び事実認定のいずれも従来の判断枠組みと異なり、明らかに不当なものでした。吉田教諭、組合(帝京長岡高校職組及び新潟私教連)及び弁護団は、抗告申立書の作成はもちろん、署名やビラ配布など、短期間で総力を結集し、抗告審に臨みました。その成果が現れて、ひとまずは安心しました。

 吉田教諭に関する事件は他にも複数係属しています。本決定を足がかりに、他事件についても、勝利解決を目指して、引き続き努力する所存です。ご支援の程どうぞよろしくお願い致します(当事務所の担当弁護士は、土屋・加賀谷です。)。

                     事務所誌ほなみ第132号掲載(弁護士 加賀谷 達郎) 

著者:

新潟県よりさらに冬が厳しい秋田県で生まれ育ちました(北海道に住んだこともあります。)。縁あって、学生時代を過ごした新潟で、弁護士として活動することができ、嬉しく思います。「弁護士」と聞くと「なるべく関わりたくない」という方が大多数かと思いますが、ご依頼された場合、法律・裁判例を念頭に置きながら、「依頼者の方にとって一番良い解決は何か」を考え、業務に務めたいと思います。雪国育ちですが、スキーはできません。しかし、寒さ・辛さにも耐える我慢強さ、簡単にあきらめない粘り強さには自信があります。TVドラマで登場する弁護士の様な華麗さはないですが、依頼者の方と誠実に向き合い、粘り強く、少しでも良い解決を目指したいと思います。

トップへ戻る
新潟合同法律事務所