新潟合同法律事務所(新潟県弁護士会所属)

電話番号:025-245-0123(受付日時:平日9:00~17:00)
受付日時:平日9:00~17:00

相談受付フォーム(予約専用)

相談受付フォーム(予約専用)

2019年5月7日|著者:

専門学校の海外研修で、メンタルヘルス不調に

企業が「実務研修」として受け入れた外国人「研修生」が劣悪な労働環境で働かされている実態が報道されています。雇われる前に聞かされていた労働条件と違う長時間労働と低賃金で働かされ、行方不明となっている外国人留学生が多数いることが国の調査で判明しています。最近ではベトナムからの研修生を多く受け入れています... 続きを読む

2019年5月1日|著者:

学校法人のハラスメント調査委員会によって理事長兼学長と教授の両名によるパワハラが認定された新潟薬科大学のパワハラ事件の被害者X准教授へのご支援を

2019年3月18日に学校法人新潟科学技術学園が運営する新潟薬科大学に勤務する准教授のXさんは、学園の理事長であり大学の学長であるY氏(昭和11年12月生、82歳)と、同じ研究組織のB教授の両名に対し、パワハラや名誉毀損による人格権侵害について、両名の各個人の責任追及のために、新潟地方裁判所に損害賠... 続きを読む

2018年10月22日|著者:

NHK出版新書「子どもの脳を傷つける親たち」(友田明美著)

子どもに対する暴行・傷害で死亡させる事件や食事を与えず餓死させるなどひどい児童虐待の事件の報道が見受けられます。2000年に制定された児童虐待の防止等に関する法律(児童虐待防止法)は、①身体的虐待、②性的虐待、③ネグレクト(育児放棄)、④心理的虐待の4つ類型を規定しています。 新聞では、身体的... 続きを読む

2018年9月10日|著者:

法務省を語る「消費者料金」の詐欺

最近、高齢者に、法務省などの国の役所の名前を使って、未納の料金を騙し取る詐欺事例の相談があります。 「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」という葉書が来たAさんは事例では、葉書の「消費者料金」という文字と、「訴訟最終告知のお知らせ」という文字が大きく書かれ、それが目に入り、びっくりしてしま... 続きを読む

2018年7月26日|著者:

難治性のうつ病で軽易な労務しかできないAさんの控訴を棄却

労災保険法施行規則14条の別表第1では、労災事故で精神障害の後遺障害が生じた場合、「神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外に服することができない」場合には7級の3に該当する後遺障害と定め、給付基礎日額131日分の障害補償年金を支給することになっています。 この7級の3では、その精神... 続きを読む

2018年6月7日|著者:

有期労働契約者というだけで手当を支給しなかったことに関する最近の最高裁判決から  ---皆勤手当を支給しないことは不合理な労働条件の相違とするは労働契約法20条違反とする最高裁平成30年6月1日判決---

貨物運送会社の従業員に関する判決ですが、期間の定めのある労働契約の従業員(契約社員)と、期間の定めのない労働契約の従業員(正社員)との労働条件の相違について、労働契約法20条に違反すると争われた事件について、最高裁は平成30年6月1日に、期間を定めて雇った契約社員に手当を支給しないことは正社員と不合... 続きを読む

2018年5月12日|著者:

安倍政権の「働き方改革」法案に反対しよう!

NHKの女性記者や勤務医師などが長時間労働で亡くなるという事件が報道される中、安倍政権は「働き方改革」と称して、長時間労働を拡大する労基法改悪法案を今国会で成立させようとしています。 新聞や出版事業における記事の取材・編集業務、放送番組の製作のための取材・編集業務に従事する労働者、新商品や新技... 続きを読む

2018年5月7日|著者:

遺産分割と生命保険金(死亡保険金)

Q1 Y氏と同居していた母が先日亡くなりましたが、被相続人の母はY氏を受取人として200万円の生命保険に入っていました。掛け捨ての保険でしたが、保険請求を行って生命保険金(死亡保険金)を受け取りました。母の遺産は年金などを貯めて、3000万円くらいありました。 遺産を分ける話になったら、Y氏の... 続きを読む

2018年4月9日|著者:

黒づくめの入学式

子どもの大学の入学式に出席しました。式典の会場は男女を問わず黒いスーツで埋めつくされ、異様な雰囲気でした。大学の入学式なので、もっと気楽な格好で、色とりどりの服装で出席するかと思っていましたが、父兄も黒い服装が多くめだちました。 このような黒づくめの服装による入学式は、大学だけでなく、専門学校... 続きを読む

2018年3月8日|著者:

非器質性精神障害の「治癒」と後遺障害の等級認定

Q1 職場の上司によるいじめやパワハラなどの職場のストレスで、うつ病を発症し、労災と認められ、休業補償給付を受けて生活をしています。 うつ病を発症し、治療をするようになって3年近くになりますが、病気を発症する前とならず、不眠となったり、体調の悪いときには家から出たくなくなります。 ... 続きを読む

トップへ戻る