新潟合同法律事務所(新潟県弁護士会所属)

電話番号:025-245-0123(受付日時:平日9:00~17:00)
受付日時:平日9:00~17:00

相談受付フォーム(予約専用)

相談受付フォーム(予約専用)

2022年1月24日|著者:

「ちむ」にはふたつの意味がある

 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。  さて、今年春からのNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)は「ちむどんどん」が放映される予定です。内容は、沖縄出身の女性が上京しシェフを目指すというストーリーのようです。 「ちむどんどん」とは、沖縄の言葉で、(高揚して)胸がドキ... 続きを読む

2022年1月20日|著者:

声を上げるということ

子どものいじめ自殺が後を絶ちません。いじめられているとの声を上げられないまま、命を落としてしまう子どもも少なくありません。 わが国の学校教育は、人権を「思いやり」として教える傾向があります。文科省のホームページの人権教育についての記述によれば、人権について、「児童生徒にもわかりやすい言葉で表現... 続きを読む

2022年1月17日|著者:

わすれこき

わすれこき(忘れコキ)は、“忘れものをよくするヤツ”という私の田舎を含む新潟県の蒲原地方の方言です。「しゃべっちょこき」「うそこき」「しゃれこき」「てんぽこき」「ねぼこき」など、「・・・こき」はよく使われています。 私は、幼い頃から「んな(お前)は、ほ~んき(本当に)わすれこきらて。」と言われてい... 続きを読む

2022年1月13日|著者:

昨年に続き、みそひと文字で新年のごあいさつ。

来ぬ人を まつほの浦の 夕なぎに 焼くや藻塩の 身もこがれつつ 権中納言定家 貴族文化の代表は和歌ですが、藤原定家が鎌倉時代に選んだ「小倉百人一首」は、「かるた」として庶民に普及し、広く伝えられています。 秋の田の かりほの庵の 苫をあらみ わが衣手は 露にぬれつつ 天智天皇 ... 続きを読む

2022年1月11日|著者:

金色堂

昨年の晩秋、岩手に帰省した折、わずかの時間ですが平泉の毛越寺と中尊寺を散策しました。平泉は何十年も前に小学校の修学旅行で行ったことがありますが、その記憶も殆ど残っていません。西行の歌ごころや芭蕉の風流とは殆ど縁のない日常を送っていても、先人が歌に残した景勝地を訪ねたり、沢山の人々が行き交う姿を見るの... 続きを読む

2022年1月7日|著者:

今年は旅ランをしたい

旧年中は、大変お世話になりました。また、今年も、弁護士及び事務職員一同日々精進して参りますので、よろしくお願い申し上げます。 昨年も新型コロナウイルスによる社会活動の制限が続き、多くの人たちに深刻な影響を与えました。懇親会、旅行などができず、閉塞感を感じる日々を過ごした方も多かったのではないか... 続きを読む

2021年8月30日|著者:

駐車場の事故と過失割合

Q.私(A)がスーパーの駐車場でバックして駐車スペースに停めようとしたところ、通路を直進してきた車と衝突してしまいました。相手方(B)から、「バックをするときに注意しなきゃだめだろ!」と怒鳴られ、私の過失が大きいと言われています。やっぱり私の方が悪いんでしょうか。 A.交通事故は誰でも当事者に... 続きを読む

2021年8月26日|著者:

チャーハンにひじきいれる!

四歳の長男は、朝起きると、妻に「ママ、あしたのお夕食は、なんですか?」と聞いてきます。時々、カレンダーを見ては、「●月□日のお夕食はなぁに?」を数週間先の夕食のメニューを聞くこともあります。 その日(今日)の夕食もまだ食べていないため、妻は、苦笑いしながら「あしたのお夕食は考え中。」と答えてい... 続きを読む

2021年8月25日|著者:

虫探し

私は「虫」って苦手な方です。でも子どもたちは「虫探し」に夢中です。長男は、公園や駐車場など外に出ると「カブトムシとかノコギリクワガタ、いないかな~」と言いながら、石の下や植え込みの中を一生けんめい探すのですが、当然そんな大物は見つからず・・・見つかるのはもっぱら「ダンゴムシ」です。丸まったダンゴムシ... 続きを読む

2021年8月24日|著者:

いつの間にか慣れてしまって

  “自粛”とは、自発的に制限すること、遠慮すること。“要請”とは他者に対して何かを頼むことです。昨年から続く“自粛要請”というのは、なんとも日本らしいとはいえ、いつの間にか市民権を得てしまっています。 また、マスクが手放せなくなってから一年以上が経ちました。街に出ても、マスク... 続きを読む

トップへ戻る
新潟合同法律事務所