新潟合同法律事務所(新潟県弁護士会所属)

電話番号:025-245-0123(受付日時:平日9:00~17:00)
受付日時:平日9:00~17:00

相談受付フォーム(予約専用)

相談受付フォーム(予約専用)

2020年1月16日|著者:

百人一首は“いとをかし”

今年こそはよい年でありますようにと、「神」と「仏」に願いを込め、おみくじを引いて、一年の運だめし。恒例のお正月の風景です。 お正月といえば、いろはかるたや百人一首のかるた取りも正月の風物ですが、百人一首の「ちはやぶる」(在原業平)と「瀬をはやみ」(崇徳院)は古典落語にも出てくる和歌です。 ... 続きを読む

2020年1月15日|著者:

紳士のストライキ

(事務所誌ほなみ第127号掲載) 昨年秋、ある高速道路のサービスエリアの売店で、従業員が経営者の理不尽な経営姿勢に抗議してストライキを行ったというニュースを聞いた。ストライキは、働く人が労働条件の改善を使用者に迫る手段のひとつだが、“ストライキ”という言葉で今でもふっと思い浮かぶ情景がある。 ... 続きを読む

2020年1月14日|著者:

新年のご挨拶

( 事務書誌ほなみ第127号掲載)   新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。 2020年といえば、何と言っても「東京オリンピック」ですね。東京開催が決まったときはまだまだ先だと思っていましたが、あっという間にオリンピックイヤーとなりました。... 続きを読む

2020年1月7日|著者:

得するチョーテー“安い・早い・うまい・確実”―― その1“安い!”

あなたが親しい人に100万円貸したとします。でも約束した日までに返してくれません。催促してもノラリクラリ。さぁ、どうします? まず弁護士に相談しましょう。場合によって無料相談のメニューもあります。 次にどうしましょうか。「裁判しちぁえ」という場合もありますが、チョーテー(調停)という方法... 続きを読む

2019年9月9日|著者:

避難生活の苦しみが明らかに

福島原発事故による避難者を原告とする損害賠償請求訴訟は、237世帯804人の原告の代表として、2017年1月から合計39名の原告の本人尋問が行われ避難生活の苦しみについて具体的に証言していただきました。 2019年6月5日には、その総まとめとして、宇都宮大学髙橋若菜准教授(環境政治学)の証人尋問が... 続きを読む

2019年9月5日|著者:

今からでも相続放棄、 できますか?

Q1.「伯父の借金の督促状が届いた」 数日前Aの元に1年以上前に亡くなった伯父(B)の借金の督促状が届きました。Bは、数年前に亡くなったAの父(C)の兄にあたる人で、Dという息子が一人います(Bの両親と妻はすでに他界)。督促状によればDは相続放棄をしたようです。 Aも相続放棄をしようと考... 続きを読む

2019年9月4日|著者:

任意後見制度をご存じですか

「成年後見制度」は、制度が始まって18年を経過しました。それなりに周知され、皆様もよく耳にするのではないでしょうか。ところで、その成年後見制度には、大きく分けると「任意後見制度」と「法定後見制度」の2つがあります。 判断能力が不十分になってしまった後に、周囲の方などが申し立てを行い、家庭裁判所... 続きを読む

2019年9月3日|著者:

高齢者の自動車事故について

今年の春頃から「高齢運転者による自動車事故」のニュースがたくさん報道されています。そして、それらの事故の原因が「アクセルとブレーキを踏み間違え」であるとして、高齢者に対する運転免許制度についても様々な議論がされています。 この点、交通事故に関する警察庁の統計をみると、年齢別免許保有者10万人あ... 続きを読む

2019年9月2日|著者:

特殊詐欺被害について

(事務所誌ほなみ第126号掲載) いまだに、オレオレ詐欺をはじめとする特殊詐欺が行われています。 以前は、口座にお金を振り込ませたり、現金を郵送させることが多かったのですが、現在は、いわゆる「受け子」が自宅などに現金やキャッシュカードを取りに来るということが少なくありません。 オレ... 続きを読む

2019年8月30日|著者:

遺産の使い込みと改正相続法

(事務書誌ほなみ第126号掲載) 遺産相続についての紛争でよくみられるのが、遺産の使い込みに関する問題です。 簡単な例を挙げてみましょう。父Pさんは、1000万円の土地と1000万円の預金を持って亡くなりました。妻には先立たれており、相続人は、長男Aさんと長女Bさんの二人です。ところが、... 続きを読む

トップへ戻る
新潟合同法律事務所