新潟合同法律事務所(新潟県弁護士会所属)

電話番号:025-245-0123(受付日時:平日9:00~17:00)
受付日時:平日9:00~17:00

相談受付フォーム(予約専用)

相談受付フォーム(予約専用)

2019年9月2日|著者:

特殊詐欺被害について

(事務所誌ほなみ第126号掲載) いまだに、オレオレ詐欺をはじめとする特殊詐欺が行われています。 以前は、口座にお金を振り込ませたり、現金を郵送させることが多かったのですが、現在は、いわゆる「受け子」が自宅などに現金やキャッシュカードを取りに来るということが少なくありません。 オレ... 続きを読む

2019年8月30日|著者:

遺産の使い込みと改正相続法

(事務書誌ほなみ第126号掲載) 遺産相続についての紛争でよくみられるのが、遺産の使い込みに関する問題です。 簡単な例を挙げてみましょう。父Pさんは、1000万円の土地と1000万円の預金を持って亡くなりました。妻には先立たれており、相続人は、長男Aさんと長女Bさんの二人です。ところが、... 続きを読む

2019年8月29日|著者:

遺産分割前の預貯金の払出し制度の創設

葬儀代や入院費などの支払いや生活費を払い出そうと金融機関に行ったら、亡くなった父母や夫名義の預貯金の払出しができなくなって、困ってしまったという方がいらっしゃるかと思います。 公正証書遺言があれば比較的簡単ですが、遺言書がない場合には故人(被相続人)の名義の預貯金の払出しを受けるには、金融機関... 続きを読む

2019年8月27日|著者:

配偶者保護についての3つのポイント

今回の相続法改正では、配偶者の死亡(相続開始)によって残された配偶者が保護されていることが注目されます。高齢化社会が進むなかで残された高齢の配偶者についても生活保障をはかる必要が高まっているからです。以下の3点が重要です。 第1は、配偶者短期居住権の新設です。夫婦が住んでいた不動産であっても、その... 続きを読む

2019年8月26日|著者:

“遺留分”制度の見直しと“特別の寄与”制度の新設

1“遺留分”制度の見直し “遺留分(いりゅうぶん)”は、遺言によっても奪われない相続人の権利のことです。たとえ遺言書に「〇〇に全部相続させる」と書かれてあっても、相続人である△△さんにも一定のもらい分を保障する、というものです。 しかし、「それでは、いったいどのくらいもらえるのか」という... 続きを読む

2019年8月23日|著者:

デザインには「理由」がある

長男が生まれてから、NHK・Eテレの教育番組を見る機会が多くなりました。長男のお気に入りは、「デザインあ」(「身の回りに当たり前に存在するモノを『デザイン』の視点から徹底的に見つめ直し、斬新な映像手法と音楽で表現した番組」)です。特に「デザイン問答」(身の回りに存在するモノの「デザイン」の成り立ちに... 続きを読む

2019年7月1日|著者:

伝聞の話

子どものころ伝言ゲームをしたことがある方は多いのではないでしょうか。 はじめに与えられた話の内容が,何人も後の最後の人にたどり着いたときに違う話になっているというギャップに着目したゲームです。 実社会においても,伝聞で聞いた話というのは注意が必要です。 例えば,AさんがBさんに対して,「5月1... 続きを読む

2019年6月24日|著者:

自動車運転と刑事事件

1 最近、ブレーキとアクセルの踏み間違いによると思われる事故や、高速道路の逆走、“〇〇走り”といった自動車の運転に関する報道が多くされています。私も日々の仕事の中で毎日車を運転しておりますので、交通事故を起こさないように気を付けたいと思います。 2 さて、「交通事故」を起こしてしまった場合には... 続きを読む

2019年6月21日|著者:

仕事復帰のご報告

私事ですが、昨年9月に第二子となる長女を出産しました。長男も2歳になり噂に聞いていたとおりの「イヤイヤ期」を迎えています。私はというと、この4月から仕事に復帰しましたが、まだまだ育児と家事と仕事という生活に慣れるのに精いっぱいというところです。 さて、2歳の長男は先日保育園で初めて粘土遊びをし... 続きを読む

2019年6月17日|著者:

6月23日

6月23日が何の日かご存じでしょうか。 1945年6月23日に,沖縄戦における日本軍の組織的戦闘が終わったとされています。 そこで,沖縄県では6月23日を慰霊の日と定め,毎年この日に平和祈念公園で追悼式が行われています。 沖縄本島の地元紙では,戦争体験者の体験記を定期的に掲載しています。沖... 続きを読む

トップへ戻る